そもそも何故投資をするのか?

OL兼業トレーダーのアサです。

投資をしているというと、

  • 「地道にこつこつと働いて稼ぐのが一番いいよ」
  • 「ギャンブルと変わらない」
  • 「リスクが高いんじゃないの?」
  • 「難しそうでとても自分には無理」

そういった反応が返ってくることが多いです。日本人は投資についての教育を受けてきていないとはよく言われることですが、そのためにこういった反応になってしまうのは無理もないことかもしれません。

なので、そうかもしれないねーと言って、笑って流してしまうことが正直多いです。

何故投資をするのか?そもそもの考えについては、あまり周りには話してこなかったなと気づいたので、今回はちょっとそのあたりの話を書いてみたいと思います。

“ラットレース”から降りたい

お金の話になると、よく出てくる王道のベストセラーとして、ロバート・キヨサキさんの「金持ち父さん貧乏父さん」という本があります。なんとなく手にとって読んでみたのですが、私がお金の使い方(浪費と投資の違い)をしっかりと意識するようになったのは、この本がきっかけでした。

仕事にやりがいも感じていたけれど、プライベートな時間が全く取れずにいるのを不満に思っていた私は、このまま必死に働き続けても状況は変わらないと感じていました。この日々の生活費を得るために働き続ける“ラットレース”から、なんとか自分も降りることはできないか?と考え始めるようになったのです。

そのためには、「労働」以外からお金が得られるようにする必要があります。投資に興味を持ったのは、これがきっかけでした。

収入源を複数持つことでリスクヘッジしたい

でも、いざ投資を始めてみようと思っても、不安はありますよね。

何か新しいことを始めてみようと思うと、リスクも伴います。時間やお金や労力を使ったのに、上手くいかなかったらどうしよう。そういう不安は誰しも持つものだと思います。

でもトライしないまま、現状のままでい続ければ、リスクはないのでしょうか?

サラリーマンやOLをしている方は、収入源が会社から貰うお給料の1つだけであるとしたら、それは実は結構リスクが高いのではないでしょうか。倒産やリストラのリスクもありますし、病気で今と同じようには働けなくなる可能性もあります。まして最近は政府が副業を推進していますよね。1社からのお給料だけでは、生活できなくなっていく可能性はあるのではないかと考えています。

個人的には収入源をいくつか持つことは、リスクヘッジになると考えています。いずれかの収入が絶たれても、他からいくらかは収入があるとすれば、不安はかなり減るのではないでしょうか。

「(色々面倒そうだし)(難しそうだし)(勉強なんかしたくないし)今のままでいいや」

もしこのように思考停止してしまっているのだとしたら。それはとても勿体無いし、リスクのある選択をしているのかもしれないですよ。

トレードは刺激的で楽しい!

ちょっと不安を煽るネガティブな話をしてしまったので、実際に投資を始めてみて感じた、ポジティブな部分の話をしてみます。

すごーくシンプルな話として、トレードは刺激的で楽しいです!

実際にトレードするとなると、世界情勢から経済指標や会社の業績など、色んなニュースにアンテナをはるようになります。情報の吸収率はトレードを始める前とだと比にならないくらいだと思います。

様々なニュースに触れたときに、視点が変わります。世の中のお金の動きが見えてくると、より世の中の仕組みが見えてくるようになる気がしています。

自分の読み通りに動いて、更にお金も入ってきたら・・・、こんなに楽しいことはなかなかないです。やらないのは勿体無いよ!と言いたいくらい。

但し、投資は自己責任&絶対に余剰資金でやりましょう。これはアサとの約束だよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です